しらたま

鳴見なるの個人ブログ。 現在更新休止中。twitterの方にいます。
2011 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「桜」の名付け親になりました!?

信州で桜の栽培をされておられる「かじやん」さんから
お祝いで畏れ多くも桜の命名権を頂きました!


え!?いいのですか・・・ヽ(・∀・)ノ



JAの連載開始時2011年に初開花した桜ということで
主人公ひなげしから

「ひな紅」

という名前を付けさせて頂きました。




氏曰く「ベランダで鉢で育てられる紅八重桜」だそうです
hina0606.jpg
八重紅枝垂れ桜♀×オカメ桜♂のF1  
小ぶりでほわっとした妖精のような桜です(*´∀`)






桜育種は花が咲くまで早くて2~3年、通常でも5~6年かかるそうな。
勿論苦労して長年世話をしても開花しないケースもあるわけで・・・

なんとも根気のいる取組みですがそれでもそれは「楽しい苦労」だと
仰ってました。恐れ入ります。



そんな中新しく生まれた「ひな紅」。
元気に可憐に樹齢を重ねていきますように・・・!





小川村にも「お流桜」という
天然記念物に指定された桜の大木があります。
いつか、漫画に出してみたいスポット。
(とはいえ桜を出せる季節は年1でその上短いのでその前に連載が
 終了してしまう危険性もありますが;;)


北信の桜の開花は4月下旬~5月中旬くらい。


春先に北信にいらした際はぜひ♪






■ブログの記事貼らせて頂きました
鋼と桜


スポンサーサイト
[ 2013/06/05 13:17 ] JA | TB(-) | CM(-)

台風が来て思うこと。


借りていた農園の野菜が台風でかなりやられてしまいました。




先週末様子を見に行った時はあんなに元気だったのに。

トマトもようやく実が付き始めてきたところで、まだまだ青かったけど
これからってところで今回の台風・・・。





残念です。







なんだろう

原稿作業の息抜きに、と思って始めてみた畑での園芸ですが
実際こういった事態を目の当りにするのは悲しいですね。



生き物と向き合うってやっぱり想像以上に大変なことなんだなぁとしみじみ。



リアルに漫画JA第1巻の「ひなげしの枝豆の話」を追体験してしまいました。
しかもちょうど6月~7月の梅雨の時期のお話なんですよね。

去年あの話を描いた時は農家の方に取材してお話を聞いて描いたものだったので
なんだか不思議な気持ちです。





自分のはまだ趣味の範囲ですが農業を生業にしている方達の苦労を思うと
言葉が出ません。

ホントに片手間でできることじゃないし
今回の台風みたいな自然災害は毎年起こりうることですし。



台風だけじゃなくて今もなお去年の震災の被害を受けている農家の方もいます。








実のところ「JA」の第1話の原稿作業開始は去年の震災のまさに当日でした。

当時、背景監修をお願いしている唐花見先生は郊外に住んでおられた為、
自宅が停電したうえに電車が止まって当日は仕事場入りできない状態。
数日遅れての仕事場入り。


停電と余震で揺れる仕事場の中で節電のため自分もアシスタントさん方も
コートを着込んでJAの第1話を描いていました。



テレビで震災被害(漫画の性質上、特に農家の深刻な被害)を
伝えるニュースが流れるたびに正直自分もアシスタントさん達も
「こんなにたくさんの人が被害を受けているのに
子供達が楽しく野菜を育てる漫画を描いていていいのかな」
なんて罪悪感もありました。



これからこの状況の中で毎月作物の話、生き物の話を描いていくんだよなぁと
漠然とした不安も周囲に漏らしつつ。

もしかしたら震災が無ければJAに今みたいな現実的な要素を入れなかったかもしれません。






なんだか話がそれて長くなってしまいましたが震災の中生まれた
「JA~女子によるアグリカルチャー~」が1年経ってもなお読んで頂けてることを
本当にありがたく思っています。







今回の台風で色々思うことがありましたが
兎にも角にもこれからのことを考えなくては。



農園のことも、漫画の方も勿論。





現実を踏まえつつもやっぱり漫画では農作業の楽しい面や素敵な面も
どんどん描いていきたいです。


農業女子コメディですし!






農園の野菜ですが今後はまだかろうじて無事な苗のメンテナンスと植え替えを
してみようと思います。





がんばれ野菜ー!










[ 2012/06/21 02:31 ] JA | TB(-) | CM(-)

コメント返信とか

拍手コメント返信


>小川村に行ってきました~

 さんさん市場のおやきは美味しいですよね!
 個人的には野沢菜が一番好きです。
 小川村内にはおやきを売ってる場所がいくつかあるのですが
 味や生地にそれぞれ違いがあって食べ比べしてみるのも
 楽しいかもしれません。


>滋賀在住、信州人さん

 出会いのきっかけを作ってくれた滋賀のTSUTAYAさんにも感謝。
 自分は東京出身ですが、信州が第二の故郷になりつつあります。
 頑張ります!


>小川村の村長さんの名前って「伊藤博文」さんていうんですね。すごい~の方
 漢字もまんま同じなんですよね。自分も最初ビックリ;



>JAのキャラクター名って信州の地名だったんですね
 
 そうです。約9割が信州の地名からひっぱってきてます。
 
 (例)
 野沢ひなげし→野沢菜で有名な野沢温泉から。
 大日方黒姫→「大日方」は小川村に多い姓。「おびなた」と読みます。
       黒姫は信濃町黒姫高原から。
 麻績村真白→麻績村は小川村の近隣、麻績村から。「おみむら」とよみます。
 諏訪玲一→諏訪湖で有名、諏訪市から。

 他にも松本、上田、小布施(おぶせ)意外と読みが難しい地名もありますね。

>二巻に出てきた猫寺の猫の像、ほんとにあるとは~
 かわいいですよねー。等身もあのまま。

nekodera01.jpg







[ 2012/05/22 21:30 ] JA | TB(-) | CM(-)

サイン会IN秋葉原

本日は秋葉原アニメイトさんにて『JA~女子によるアグリカルチャー~』単行本
3巻記念のサイン会をさせて頂いてました。


久々のアキバ。
ガンダムカフェにも寄りつつ。


当日ほぼ満員、ほんとにありがたいことです。

すごく良いお天気なのも良かった!

北は北海道、南は佐賀県からの参加者さんがいらっしゃったのも
びっくり。

↓写真左のお花はJAをイメージした花束の差し入れ。
 綺麗でなんだか美味しそうな色合いですね!
000001.jpg

参加して下さった皆さん、今日はありがとうございました。

アニメイト秋葉原店の皆様、角川書店の営業さん、編集さん方にも
たくさん感謝です。



[ 2012/05/13 01:11 ] JA | TB(-) | CM(-)

牛たちと!

JA3巻の一つのメインとしてひなげしのクラスメイトの
真白(酪農家の娘)と子牛の話を描きました。

実際に牛に会ってから牛を描きたいなぁと思い
年末(クリスマスイブでした…そういえば)信州へ。

004u.jpg
生まれて数か月の子牛、
人間年齢にすると6歳くらいだそう。

写真じゃちょっと分かり辛いですが大型犬と同じか
ちょっと大きいくらいのサイズです。

目が可愛いかった。

そんな印象のせいか実際牛の目(表情)を入れるとき
結構デフォルメしました。
当初はかなりリアル目で描く気満々でしたが。


003u.jpg
やたらと人懐こい子牛達。




こちらは人間年齢13歳くらい。






002u.jpg
働き盛りの牛たち

カメラ目線


005u.jpg
ハート模様の牛さん
本編にも密かに登場

取材協力を受けてくださった酪農家のKさんに感謝。


[ 2012/04/29 19:22 ] JA | TB(-) | CM(-)

猫・箱座り


ちょっとフェイントして来月原稿の1カット

JA女子アグリの野沢家の飼い猫です。




猫です。



猫の箱座り(香箱座りとも言うらしい?)という座り方があるのを知って早速取り入れてみました。


お饅頭みたいになりました。

家のラブラドールも出来るかな?



[ 2012/03/21 19:37 ] JA | TB(-) | CM(-)

構図考え中

最近やたら早起きです。

最近ゆるゆるしていたので気を取り直し
もくもくと一人作業中。

今一度作業分のネームの確認

背景の構図模索中。

原稿に入った時、背景作画を頼みやすいようネームの時点でこちらが
構図だけはしっかり決めておきます。

間合いの空気間を出したい時や人物と背景が絡む場面は特に念入りに。
moblog_65.jpg

上から見たり下から見たり。
むずかしい。


[ 2012/02/03 06:33 ] JA | TB(-) | CM(-)
メールフォーム
ご意見ご感想、お仕事依頼等もこちらからどうぞ。※連載作品に関したお仕事は各出版社編集部にお問い合わせください

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。